日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > ら~わ行 > レニン・アンジオテンシン系阻害薬

心臓病用語集

心臓病用語集

レニン・アンジオテンシン系阻害薬 れにんあんじおてんしんけいそがいやく
血圧を調節するレニン・アンジオテンシン・アルドステロンの体内作用経路を阻害して血圧を下げる薬剤。ACE阻害薬やARBなどをいう。レニンはアンジオテンシノーゲンを活性化してアンジオテンシンとし、アンジオテンシンは変換酵素(ACE)の働きを受け、受容体作用を経て血管を収縮させ、血圧を上昇させる。この経路のいずこかを阻害して降圧を図る。このような働きの薬にはアンジオテンシン変換酵素阻害薬と受容体拮抗薬がある。
188レニン・アンジオテンシン系阻害薬p.jpg
<久代登志男先生提供>
ご寄付のお願い