日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > ら~わ行 > 労作性狭心症

心臓病用語集

心臓病用語集

労作性狭心症 ろうさせいきょうしんしょう
運動したり、重いものを持ったときなど、身体的なストレスが加わったときに起こる狭心症。動脈硬化などによって冠動脈が狭くなっているとき、運動時に増加した需要に見合う血流が心筋に十分に供給されないために、心筋虚血状態となり、胸痛発作が起こる。これを労作性狭心症という。多くの場合、冠動脈狭窄性狭心症と考えられている。
ご寄付のお願い