日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > ら~わ行 > 卵円孔開存

心臓病用語集

心臓病用語集

卵円孔開存 らんえんこうかいぞん
胎児期には心房中隔の中央に開いている卵円孔が生後、閉じずに残っている状態である。卵円孔は生後、左心房側からフラップ状の中隔片に覆われて、閉じている状態になるが、中隔片が形成されず、孔が開いたまま、のこっている場合がある。この状態で深部静脈血栓症があると、血栓が右房から左房にはいって、脳梗塞を起すことがある。これを奇異性脳塞栓という。
ご寄付のお願い