日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > ま行 > 無脾症

心臓病用語集

心臓病用語集

無脾症 むひしょう
先天的に脾臓が形成されないこと。多くは心臓血管系の奇形を伴い、三尖弁閉鎖、肺動脈狭窄、大動脈騎乗など、多脾症候群よりも重篤な奇形を合併することが多い。
内臓逆位のうち左右の臓器の位置を定めれないものがあり、内臓不定型というが、脾臓の欠損(無脾症)や重複(多脾症)がみられる。無脾症では左右の肺ともに3葉を示すが、多脾症では両肺ともに2葉を示し、肝臓はともに左右対称性である(図A,B)。多くは心臓血管系の奇形すなわち三尖弁閉鎖、肺動脈狭窄などを合併し、無脾症では多脾症よりも重篤な奇形を合併する 。
ご寄付のお願い