日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > か行 > 感染性心内膜炎

心臓病用語集

心臓病用語集

感染性心内膜炎 かんせんせいしんまくえん
細菌やウィルスが原因の心内膜炎(心内腔面を内張りしている心内膜に起こる炎症)で、重症化することがある。感染が遷延すると、弁帆の破壊が進行、細菌性塞栓を全身性に生じるなどして、一層、治療に難儀する。血液の中に細菌などが混入し(菌血症)、それが心臓内部組織に感染することにより起こる。多くの場合、心臓弁膜症や心室中隔欠損症、動脈間開存症など、心臓にもともと病気を持っている場合に二次的に感染が起る。人工弁、心臓カテーテル、心臓ペースメーカー、中心静脈カテーテルなどの異物に感染する場合もある。症状は発熱、心不全、塞栓の3つの症状を特徴とする。
24感染性心内膜炎.jpgのサムネイル画像
          <門間和夫先生提供> 
ご寄付のお願い