日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > か行 > 拡張型心筋症

心臓病用語集

心臓病用語集

拡張型心筋症 かくちょうがたしんきんしょう
心室壁の筋層が薄くなり、心筋の収縮力が低下し、心臓の内腔が拡張した状態。心臓のポンプ機能が低下し、血液を十分に送り出せなくなり、動悸・呼吸困難がみられる。進行すると浮腫・不整脈なども現れ、心不全状態となる。原因は明らかではないが、免疫異常や遺伝、ウイルス感染などによる場合があると考えられている。わが国では心臓移植適応の第一の疾患である。
ご寄付のお願い