日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > か行 > カテコラミン誘発性多型性心室頻拍

心臓病用語集

心臓病用語集

カテコラミン誘発性多型性心室頻拍 かてこらみんゆうはつせいたけいせいしんしつひんぱく
ストレスなどで出現する神経伝達物質(カテコラミン)によって発症するさまざまな形の心室頻拍。多型性心室頻拍は心室筋に起因する不整脈の一種で、ときにはこの間に血圧が下がり、めまいや失神などを起こす。ときに心室細動や突然死につながる恐れがある。

22カテコラミン01TMT負荷前.jpg
<TMT負荷前名古屋大学循環器内科提供>


22カテコラミン02TMT負荷中.jpg
<TMT負荷中:名古屋大学循環器内科提供>


22カテコラミン03TMT負荷後.jpg
<TMT負荷後:名古屋大学循環器内科提供>



ご寄付のお願い