日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > か行 > 血栓症

心臓病用語集

心臓病用語集

血栓症 けっせんしょう
血液は血管内では凝固することはなく、完全に流動性であるが、血管外ではすばやく固まる性質がある。血管壁に異常があるなどして、凝固性が高まると、血液は血管内で固まり、血栓をつくる。血栓は末梢部の虚血の原因となり、血栓が末梢部に飛ぶと、塞栓症を生じる。⇒塞栓症
ご寄付のお願い