日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > か行 > 解離性大動脈瘤

心臓病用語集

心臓病用語集

解離性大動脈瘤 かいりせいだいどうみゃくりゅう
大動脈は内膜、中膜、外膜の三層からなるが、中膜が弱い状態があって、内膜の一部が破れたとき、中膜が裂け、内膜と外膜の間に血液が流れ込んで血腫が形成された状態である。解離した血管は一部が外膜だけになるために、薄くなって瘤となり、解離性大動脈瘤といわれる。症状は解離による痛みと、破裂、瘤に取り込まれた血管の機能障害による症状がある。痛みは多くの場合、激烈で、破裂すると、ショックによる失神、命を失うことがある。心臓に近い上行大動脈にできるAタイプと、下行大動脈や腹部にできるBタイプがある。
ご寄付のお願い