日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > は行 > 肺塞栓症

心臓病用語集

心臓病用語集

肺塞栓症 はいそくせんしょう
肺動脈(心臓から肺に血液を送る血管)に血栓が詰まって肺に血液が流れなくなった状態。多くは深部静脈血栓症が原因。肺動脈塞栓症を生じると、肺動脈圧が急速に上昇して、心不全状態となる。
手術後のベッド上安静から解放された直後に発症し、航空機で長時間座ったままでいることによるエコノミークラス症候群も同じ原因による。動脈血酸素濃度が低下して呼吸困難となり、侵された範囲が広いと肺動脈圧が急速に上昇して重篤となることがある(図A)。検査としての肺シンチグラムでは閉塞域の血流障害として認められる(図B,C)。図Aは開心術で剔出した血栓塊を元の肺動脈に配置したもの。 
137肺塞栓症.jpg
<川田志明先生提供>


ご寄付のお願い