日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > は行 > ペースメーカ

心臓病用語集

心臓病用語集

ペースメーカ ぺーすめーか
皮下に埋め込む小型の機械で、電気的な刺激を心筋に与えて拍動リズムをコントロールする。徐脈の治療に使う。ペースメーカのバッテリーを含むジェネレイター本体は胸部または腹部の皮下に埋め込み、刺激電極は静脈を経由するリードを介して心腔内に挿入、固定する。
徐脈の治療が主体であったが、頻脈や心室細動などの不整脈に埋込み型除細動器が、さらには心不全の治療に両心室型ペースメーカも用いられている。ペースメーカのバッテリーを含む電源本体は胸部または腹部の皮下に埋め込み、刺激電極は静脈を経由するリードを心臓腔内に挿入固定する。磁性を帯びたペースメーカ本体が体内に留置されていることで、MRI検査が禁忌とされているが、最近MRI検査が可能なペースメーカも登場している。
  
164ペースメーカABDのみ.jpg
<川田志明先生提供>
164ペースメーカABDのみ.jpg 
ご寄付のお願い