日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > あ行 > ウィルス性心筋炎

心臓病用語集

心臓病用語集

ウィルス性心筋炎 うぃるすせいしんきんえん
ウイルス感染が原因で起こる心筋の炎症。風邪症状が特徴で、軽症ですむ場合から死にいたる重症なものまである。
多くの場合に心外膜炎を伴う。症状としては、発熱、せき、倦怠感などのかぜ症状、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状、動悸、胸痛、不整脈、呼吸困難、チアノーゼ、むくみ、痙攣、失神などがある。時に短期間で急激に悪化し、心不全で死亡したり、重度な不整脈で突然死を起こすこともある。
ご寄付のお願い