日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > あ行 > 植込み型除細動器(ICD)

心臓病用語集

心臓病用語集

植込み型除細動器(ICD) うえこみがたじょさいどうき
心室頻拍心室細動など、致死的な不整脈を治療するため患者の体内に植え込まれる小型の医療機器。
本体は通常、患者の左胸部の皮下に植え込まれる。リード線は鎖骨下の静脈から挿入し、心室内に留置される。リードを通じて心臓の動きを常時監視し、致死性の不整脈を感知すると、電気ショックを発生させ心臓の拍動を正常なリズムに戻す。

ICD.jpg                                                         <ICD:名古屋大学循環器内科提供>                         


ご寄付のお願い