日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > あ行 > 遺伝性出血性毛細血管拡張症 (HHT)

心臓病用語集

心臓病用語集

遺伝性出血性毛細血管拡張症 (HHT) いでんせいしゅっけつせいもうさいけっかんかくちょうしょう
全身の毛細血管に異常があり、出血が起きることがある常染色体優性の遺伝性の疾患。
この病気の遺伝子は、親から子へと伝わる。10万人に1人から2人の頻度で発生する。鼻出血や消化管出血を繰り返す。肺には肺動静脈瘻を作り、喀血、異常肺陰影を呈する。脳・脊髄、肝臓などに血管奇形をみることがある。
ご寄付のお願い