日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > あ行 > エプスタイン奇形

心臓病用語集

心臓病用語集

エプスタイン奇形 えぷすたいんきけい
右房と右室の間にある三尖弁の位置が右室腔側に落ち込んだ状態である。このため、三尖弁閉鎖不全を生じ、右室から右房に血液が逆流し、右房に血液うっ滞、右室の拡大が起ってくる。心房中隔欠損症を合併することが多く、しばしば房室間に副伝導路があって、WPW症候群を呈する。

 15エピスタイン奇形.jpg
<門間和夫先生提供> 
ご寄付のお願い