日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 心臓病用語集 > あ行 > 右胸心

心臓病用語集

心臓病用語集

右胸心 うきょうしん
普通、心臓は胸郭の左に位置するが、これが正常とは反対の位置、つまり右側にある状態を右胸心という。正常とは鏡像を示す。他に先天性奇形を伴わなければ、機能的には問題はない。
胸膜炎の後遺症などのために、心臓が右に引っ張られた状態であれば、心臓の向きには異常はなく、この場合は単に右側心という。
心臓を含めた全内臓逆位では一般に機能的には問題はないが、右胸心に副鼻腔炎や気管支拡張症を伴うとカルタゲナー症候群と呼ばれ、不妊などの繊毛不動症候群を示すものもある。一方、心臓だけが右方にある孤立性右胸心では高率に複雑な心奇形を伴う。 
9右胸心.jpg
<川田志明先生提供>                        
ご寄付のお願い