日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心筋症とは > 心筋症 相談と回答 > 人工心臓の費用と検査

疾患別解説

人工心臓の費用と検査

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.7567

35歳、 男性: 拡張型心筋症

人工心臓手術の費用と検査等の流れについて教えてください。
日本心臓財団からの回答
補助人工心臓には体外式と植え込み型がありますが、どちらも現時点では保険適用となっています。ただ、植え込み型で使用可能な機種は比較的体格の大きな方(体表面積1.4m2以上)でないと装着は困難とされています。
体外式の補助人工心臓は体重30キロ以上あれば十分装着可能で、小児にも適応できます。
費用については通常の保険診療範囲で可能です。
術前の検査については体外式については特別なものはありません。
植え込み型の場合は術前に植え込み実施施設内で心臓移植適応という判断をする必要があることから、日本循環器学会心臓移植委員会の適応判定に支障のない状態であることを調べるための検査一式が必要となります。一般的な検査以外では心臓カテーテル検査・心筋生検・心筋シンチグラム・消化管内視鏡・腹部エコーなどです。

2012年5月22日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い