日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 大動脈弁膜症とは > 大動脈弁膜症 相談と回答 > 軽度の大動脈閉鎖不全と健診でいわれた

疾患別解説

軽度の大動脈閉鎖不全と健診でいわれた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3515

57歳、 女性: 軽度大動脈弁閉鎖不全

健康診断の結果、(1)大動脈弁石灰化、(2)軽度大動脈弁閉鎖不全といった所見がありました。
これは、どのような病気でしょうか。治療方法や専門の病院はありますか。
薬を飲むことで治るのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

大動脈硬化の病変が弁にまで及んできたために、弁の閉まりが悪くなった状態です。エコー検査をすると、動脈硬化がある人では、軽度のものがよくみられます。なんでもないとお考えになって結構です。心配はご無用です。治療の必要もないでしょう。
進行して、閉鎖不全が高度になると、血圧を下げる薬を用いたり、場合によっては手術治療を行う場合もあります。
今後は年に一度くらい、チェックしておけばよいでしょう。循環器内科を標榜する診療所あるいは病院を受診なさって、ご相談ください。

2005年9月17日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い