日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > その他(バイパス手術、PCI、ステントなど)とは > その他(バイパス手術、PCI、ステントなど) 相談と回答 > ステント治療後の旅行で気をつけること

疾患別解説

ステント治療後の旅行で気をつけること

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.5977

67歳、 男性: 心筋梗塞治療後

2ヵ月ほど前、心筋梗塞でステント治療を受けました。近々、飛行機や新幹線などを使って地方に旅行に行くのですが、飛行機など使っても大丈夫でしょうか。寒い時期でもあり、心臓への負担が心配です。主治医の先生からは問題ないと言われましたが、注意することなどあれば教えてください。

日本心臓財団からの回答

担当医が旅行してよいといわれたのであれば、支障はないと思います。新幹線では心臓に負担がかかることはありません。狭い座席に拘束されるために、下肢静脈の血流がうっ滞し、血栓をつくりやすいので、足の背屈運動をするとか、ときに通路を歩くようにするというのが、唯一の注意です。飛行機では酸素加圧は十分にされていますし、国内旅行であれば、座席への拘束時間も短いので、なお一層、問題はありません。

2008年11月 6日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い