日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > その他(バイパス手術、PCI、ステントなど)とは > その他(バイパス手術、PCI、ステントなど) 相談と回答 > 留置したステントが破損した

疾患別解説

留置したステントが破損した

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.5364

64歳、 女性: 心筋梗塞

半年前、心筋梗塞でステントを3箇所に入れました。半年後の冠動脈造影検査でステントが1箇所破損していたそうです。
1)ステントは簡単に破損するものなのでしょうか。
2)破損したステントが血管を傷つけたり移動して他に悪影響を与えないのでしょうか。
3)このままの状態を放置してよいものでしょうか。

日本心臓財団からの回答

1)留置したステントが破損することがあることは、最近になり、薬物溶出性ステント(DES)が多用されるようになって認識されるようになりました。
薬物溶出性ステントでは全体の症例の2?3%で破損が認められるとの報告があります。
問題はその破損により再び冠動脈が狭くなる、いわゆる再狭窄が起こるかどうかにかかります。
2)ステントが簡単に移動することはないと思われます。
3)報告では破損したステントで再狭窄の原因となるものは、全体の30%ということです。破損はあっても再狭窄につながらない70%の症例ではそのまま経過を観察して問題ないと思われます。再狭窄をきたした場合には適切な処置が必要となります。

?

2007年11月22日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い