日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 狭心症とは > 狭心症 相談と回答 > ステント留置後、消化管潰瘍になったが、アスピリンをやめてよいか

疾患別解説

ステント留置後、消化管潰瘍になったが、アスピリンをやめてよいか

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6631

58歳、 女性: 不安定狭心症

1年前に薬剤溶出性ステント(DES)を4本入れました。その後、数カ月してから小腸に潰瘍ができて出血を繰り返して困っています。出血のたびに貧血になり輸血を続けています。消化器の先生はアスピリンを止めないとこれからも出血を繰り返すと言い、循環器の先生は止めることについて良いとは言いません。どうしたらよいでしょうか。

日本心臓財団からの回答

抗血小板薬、とくにアスピリンは消化管潰瘍の原因となります。このため、この薬は消化器専門医にはとても嫌われています。しかし、ステント治療後であるならば、なかなか中止するわけにはいきません。そこで、第一には、潰瘍治療薬を強力に併用するという方法があります。第二には、休薬してみるということです。しかし、これには循環器科の医師の指示が必要です。

?

2010年3月28日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い