日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > その他とは > その他 相談と回答 > 心室中隔欠損症術後、多脾症候群といわれた

疾患別解説

心室中隔欠損症術後、多脾症候群といわれた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.1977S

2ヶ月、 男性: 多脾症候群

息子のことでご相談いたします。心室中隔欠損との診断で手術を受けましたが、手術後の説明で多脾症候群だと言われました。
心臓については心室中隔欠損以外は何も見つからなかったとのことでした。
聞いたことのない病名で戸惑っています。先生は後々検査をとしか言われません。後々どんな検査があるのですか。またどんなことが多く見られるのですか。

日本心臓財団からの回答

多脾症候群とは、脾臓の形成異常、内臓の左右分化の異常に合併して心臓の奇形を生じるものです。
心臓に関しては両側に左房があったり、心内膜床欠損、下大静脈の奇静脈結合といった奇形が合併することがあるとされています。
生命にさわりのある心臓の異常は修復されたわけですので、この後は成長の過程での問題を見守るということになるでしょう。

2003年6月17日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い