日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心電図とは > 心電図 相談と回答 > 妊娠中の定期健診で右脚ブロックといわれた

疾患別解説

妊娠中の定期健診で右脚ブロックといわれた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6821

33歳、 女性: 完全右脚ブロック

妊娠18週で、定期健診の心電図をとった際、完全右脚ブロックと判定されました。
今まで心電図で異常を指摘されたことはなく、自覚症状もありません。
主治医の話では、3週間後の健診のときに、循環器科の先生に紹介状を出すとのことでした。
本当に3週間も待っていいのでしょうか。また、出産には問題ないのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

心臓の刺激伝導系には左脚と右脚とがあります。右脚は細く、長いので、興奮の伝導が途切れることがよくあります。しかし、幅広く、広範に分布する左脚が残っているので、興奮伝導に支障はありません。完全右脚ブロックというのはこうして生じた状態です。日常生活にはなんらの支障もありません。ただし、基礎に心臓病がないことを確認しておくことが望ましいので、折を見て、一度は循環器科を受診しておいてもらうということになります。ご心配は無用でしょう。

2010年8月19日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い