日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心電図とは > 心電図 相談と回答 > 異常Q波と低電位の意味

疾患別解説

異常Q波と低電位の意味

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3542

32歳、 女性: 異常Q波

健康診断の結果に、軽度異常Q波、QS波低電位(胸部誘導)とあったのですが、意味がわかりません。軽度だから気にしなくてもいいのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

異常Q波は横位心、心筋繊維化、心筋梗塞などの場合にみられます。32歳の女性で心筋梗塞は考えにくいので、横位心なのではないでしょうか。太っていませんか。肥っていると、心臓が横向きになります。これが横位心です。
低電位というのは、心臓の周りや、胸壁に脂肪があったりして、電位が低くなっている状態をいいます。つまり、これも肥っていることを示唆します。
精密検査の指示が出ていないのであれば、肥っていないとしても、この程度の内容のことですので、気にしなくてよいものと思います。

2005年9月30日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い