日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 血液検査(BNP、NT-proBNP、ANP、CRPなど)とは > 血液検査(BNP、NT-proBNP、ANP、CRPなど) 相談と回答 > BNPが高い

疾患別解説

BNPが高い

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3854

41歳、 女性: 僧帽弁閉鎖不全

僧帽弁閉鎖不全症(MR)1度で年に一回、経過観察中です。ドップラー検査も変化はなく、期外収縮の連発もあるのですが、心室性で良性ということです。
ただ息切れが強くなり、先日受診した時にBNP数値が88と出ました。主治医は「MRがあるからな・・・」という話だけでした。

このBNPについて教えてください。88という数値をどのようにとらえたらよいのか、教えてください。

日本心臓財団からの回答

BNPは心臓ホルモンといわれています。心臓に負荷が加わって、心臓の壁が伸展するような状態が起こるとそこからBNPが分泌されます。このため、BNPは心不全の程度を反映する指標といわれます。
僧帽弁閉鎖不全の場合には、左室と左房との間の僧帽弁の閉まりが悪くなるので、血液が左室から左房に逆流します。このため、左房が膨張、伸展されます。つまり、僧帽弁閉鎖不全では心不全がなくても、BNPが高くなります。BNP値が88というのも、高いというほどの数値ではなく、丁度、弁の閉鎖不全にみあった数字です。主治医が「MRがあるから」といわれるのは、このためと思われます。ご心配になるほどのことではありません。

2006年1月18日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い