日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 急性・慢性心不全とは > 急性・慢性心不全 相談と回答 > 超高齢者の心不全治療

疾患別解説

超高齢者の心不全治療

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.5254

87歳、 女性: 僧帽弁逸脱症

87歳になる母が、1週間ほど前に、肺に水が溜まり、点滴治療を受けました。僧帽弁逸脱症による心不全であり、状態の良いうちに手術をしたほうがよいと医師にすすめられました。しかし、本人は高齢だから手術したくないといっています。
車の運転やゲートボールなど活発に生活してきたので、今までの生活は無理なのでしょうか。どうしたら良いか困っています。

日本心臓財団からの回答

87才で、心臓弁膜症の手術というのは、賛成し兼ねます。手術は成功しても、その後、寝たきりになったり、呆け症状が出てきたりして、精神・身体活動能力が低下し、日常生活の内容が低下します。できる限りの内科的な治療を行って、人生を楽しまれることをおすすめしたいと思います。

2007年10月11日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い