日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 突然、右手が冷たくなる

疾患別解説

突然、右手が冷たくなる

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.7258

45、 男性:

先週、会社で19時過ぎ頃、胸に違和感があり、帰宅しましたが、帰宅後も、まだ胸の違和感が続いていました。右手のひじから指先までが冷たく左手は暖かい状態でした。夜中に救急外来に行き、レントゲン、超音波、心電図(3時間後との比較)、血液検査、点滴を受けました。翌朝まで右手だけが冷たい感じでした。大きな病気がないかどうか心配です。
日本心臓財団からの回答
突然に、右手の肘から指先までが冷たくなり、しばらく続いたというのであれば、右上腕動脈の血栓性閉塞が疑われます。血圧の左右差はなかったのでしょうか。もし、血栓性閉塞であったとすると、血栓がどこから由来したのかが問題になります。救急外来での観察と処置は心臓由来の血栓を疑ったものと思われ、当を得た診療であったと思われます。心臓由来の血栓であった場合には脳梗塞を起こす危険もあったわけです。しばらくの間は経過をよく観察していただくのがよろしいように思います。

2011年8月25日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い