日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 妊娠時の頻脈

疾患別解説

妊娠時の頻脈

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6187

30歳、 女性:

現在臨月に入った妊婦です。妊娠がわかり、血圧測定時の脈拍で127?140がこの7ヶ月ほど続いています。笑ったり歩いたりすると時々胸が苦しくなり『ふーふー』と呼吸を整えるようにしています。出産を目前になりあまりに不安なのですが、このままお産を迎えて大丈夫なのでしょうか。お腹の赤ちゃんへの影響はないのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

1)妊娠すると、胎児や胎盤にも血流を確保する必要があり、心臓からの血液拍出量が増加します。一方、胎児が育つに伴って、横隔膜が押し上げられ、心臓が圧迫されるので、一回ごとの拍出量は十分には増加できず、血液拍出量を維持するためには、心拍数が著しく、増加することがあります。
2)このための弊害を避けるには、極力、その他の要素による心臓への負担を減らすことが大事です。睡眠・休養を十分にとり、ストレスを避ける、禁煙、アルコール・コーヒー類は少なくする、といった注意が必要です。
3)脈拍数が上記のような生理的な必要のために増加しているかぎりは、心配は無用ですが、これが頻拍症という不整脈の一種であるときには問題があります。一度、心電図をとってもらって、確認しておくことをお勧めします。

2009年4月27日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い