日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 心臓バイパス手術後の肺がん手術

疾患別解説

心臓バイパス手術後の肺がん手術

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.5574

60歳、 男性: 心筋梗塞

先日、心臓バイパス手術を受けた折り、事前検査で肺がんが見つかりました。検査時点での大きさは2.5ミリでした。早く肺がんの手術も受けなくてはいけないと思うのですが、医師の話では、薬で出血しやすくなっているため、あと1ヶ月くらいは無理とのことでした。
がんの進行が心配で、早く手術を受けたいのですが、やはり無理なのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

心筋梗塞と肺がんが同時に発見されたときには、まず、心臓病の治療を優先させます。肺がん手術中に心臓発作を起こしては元も子もないからです。心臓の手術をすませた今、今度は肺がん手術に取り組むことになりますが、焦ってはいけません。現状の大きさならば、数ヶ月は差し支えなく、気にする必要はないのが通例です。身体の方で手術を受ける準備が整い、手術態勢も整ったときに、手術をするという段取りで、十分に間に合います。

2008年3月10日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い