日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 胸がドキッとして苦しい

疾患別解説

胸がドキッとして苦しい

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.5464

30歳、 男性: 胸痛

昨年の夏頃から1ヶ月に1?2回の頻度で胸がドキッと苦しくなる感じがあり、病院に行きましたが異常がないとのことで、めったにないので放置していました。
最近になって、それが頻繁(1日に5?6回)に起こるようになり、気になって診察を受けたのですが、また、異常がないとのことでした。

症状としては、一瞬だけ、グッと胸の中をつかまれるような感じがして苦しくなります。感覚的に、喉が詰るような違和感が胸の奥にある感じです。また、それがあった後、息苦しい感じが続く場合もあります。
心臓が気になるので、脈をとっていると、その苦しくなる瞬間だけ脈がなくなります。その後は普通に脈打ちます。心臓には異常がないとの診断ですが、実際に脈がなくなったりしているので心配です。循環器専門医に見てもらったほうがよいのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

期外収縮性の不整脈と思います。心臓の拍動が1つだけ、あるいは2つ連続して乱れることを期外収縮といいます。リズムが乱れたときには、よけいな拍動の後では、次の拍動がお休みするので、脈がなくなったと思ってしまいます。普通、心臓は一日、10万回も規則正しく拍動していますが、ときにはこうした乱れ方もします。生き物である心臓としては当然、起こっておかしくないことですが、心臓の持ち主である人間はびっくりします。心臓が止まってしまうのではないかと心配になってしまいます。対策は、気にしないことです。しかし、心臓に病気があるために起こっている期外収縮であったら、困ります。循環器専門である必要はないのですが、一度は病院を受診して、心臓病のないことを確認しておいてください。

2008年1月17日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い