日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 胸痛

疾患別解説

胸痛

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3845

33歳、 女性: ストレスによる胸痛

先月、左胸に激痛(握り潰されているような感じ)が10分あり、それから、同じような激痛が3度、違和感(心臓を持たれているような感じ)は毎日あります。近くの病院でレントゲン、心電図検査を受けましたが、異常がないのでストレスではないかと言われました。

心電図とレントゲンのみの検査で、異常がないと分かるものなのでしょうか?

日本心臓財団からの回答

胸痛を訴える患者さんを診察する場合、それが心臓の病気に由来する痛みなのか、あるいは心臓以外の場所に由来するのかどうかということが問題になります。
胸部のレントゲン写真や心電図に異常がみられなかったといって、これらを完全に否定できるものではありません。ことに狭心症による胸痛の場合には、レントゲン写真に異常が見られるわけではなく、痛みの最中には心電図に異常が出ますが一旦痛みが治まってしまえば完全もとの心電図に戻ってしまいますので両方とも異常がないことになります。
ただ狭心症の痛みは虚血性心疾患(狭心症と心筋梗塞)の専門の医師なら痛みの性情について患者さんの話を聞いただけで狭心症らしいかどうかおよその見当がつきますので、たとえ心電図に異常が見られなくてもそれでは別の検査をしましょうということになります。
先月に激痛が3回もあったのなら一度専門医のいる大病院の循環器科を受診してはいかがでしょうか。

2006年1月15日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い