日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > リポ蛋白(a)とは何ですか

疾患別解説

リポ蛋白(a)とは何ですか

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3531

76歳、 女性: 高脂血症

血液検査の結果、リポスモールaの数値が高くて、110以上と診断されました。
現在、コレステロールを下げる薬を飲んでいますので、コレステロール値は正常です。また、血圧も正常値です。
リポスモールaとはどのようなものですか。

日本心臓財団からの回答

リポ蛋白(a)は、悪玉コレステロールLDLの一部です。凝固血液を溶解するプラスミノーゲンという線溶因子と構造が似ているために、これと競合し、働きを阻害して、動脈硬化を促進するといわれている物質です。
しかし現在、76歳で、検査上、ほかに異常がないとのことですので、ご自身はあまり心配なさることはないのではないかと思います。

2005年9月25日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い