日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > ジョギング中に胸痛がある

疾患別解説

ジョギング中に胸痛がある

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3437

56歳、 男性: ジョギング中の胸痛

夕食後にジョギングをしています。いつも同じ所まで走ると、胸骨の裏側に痛みが生じて走れなくなります。無理すれば走れますが、呼吸も苦しくなります。とりあえず、歩行に切り替え2分程ゆっくり歩いているとあっさりと治ります。そこでまた走り出すと、今度はずっと短い距離で苦しくなります。完全な再現性がありますが、走れる距離は少しずつ長くなる傾向があります。

健康診断で、心電図異常はありませんが、脂肪肝があり、中性脂肪やや多いようです。尿酸値は高いがぎりぎり正常範囲内です。また、現在半年ほど禁煙中ですが、それまでは一日10本程度飲んでいました。

このままジョギングを続けても構わないでしょうか。

日本心臓財団からの回答

56歳という年齢からして、狭心症であろうと思います。このままジョギングを続けていては危険です。すぐに循環器科を標榜する病院を受診なさってください。脂肪肝、高脂血症、喫煙歴はこの原因となっていると思います。

2005年8月10日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い