日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 頬が赤かった

疾患別解説

頬が赤かった

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3435

32歳、 女性:

先日、2日間ほど、頬全体が赤く腫れ上がりました。かゆみ、痛みはなく、熱は多少持っていましたが、気になるほどではありませんでした。化粧品と食物のアレルギーとは考えられにくいのですが、以前知り合いが心臓が悪くて手術する前は顔が赤かった(冬だけですが)と言っていたのを思い出しました。
心臓病で頬が赤く腫れ上がったりすることがあるのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

僧帽弁膜症や心房中隔欠損症などのある種の心臓病では、血液の酸素含量が減少して、頬が赤くみえることがあります。腫れるわけではありません。いつも赤いのですが、とくに冬に目立ちます。手術すると治ります。
貴方さまの場合は、2日程、腫れて熱を持ったということですので、それとは異なります。

2005年8月18日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い