日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 針が突き刺さるような胸痛

疾患別解説

針が突き刺さるような胸痛

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3230S

33歳、 女性: 胸痛

急に左胸奥に釘が突き刺さるような痛みがあり、一瞬呼吸ができなくなり、左脇下を強く押さえていたところ、2、3分くらいして痛みも消えました。その後、時々軽い痛みだけがあります。1回痛みだすと10分くらい続きます。その間、左胸奥だけではなく、胸全体が重い感じがします。今年の健康診断を受けた結果では、散発性心室性期外収縮との軽度異常とのことでしたが関連はあるのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

健康診断で異常なしとされたとのことなので、心配な痛みではないであろうと思います。内臓に問題はなく、骨・筋肉系に由来する痛みを胸痛症候群といいますが、あるいは、そのようなものではないでしょうか。1日に2回ほどもあるようですので、24時間ホルター心電図検査をすれば、痛みのあるときの心電図をとることはできると思います。
担当医とご相談になってください。なお、期外収縮が出ているようですが、その出現を痛みとして感じているのかも知れません。この回答を担当医まで持参いただいても結構です。

2005年4月10日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い