日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 心臓が大きいといわれた

疾患別解説

心臓が大きいといわれた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3205S

25歳、 女性: 心拡大

健康診断の胸部X線検査で、「心臓が大きいので精密検査をしたほうがいい」といわれました。確か胸の幅が28cmに対し心臓が14?15cmくらいでした。それまでは特に悪いところがなかったので気にしていませんでしたが、気をつけて生活してみると運動後などに一瞬ですが胸がチクッと痛むことがありました。安静にしているときにも痛みがあることがあり、3月末ごろに気になり、別の病院で検査を受けています。胸痛は多くても1日に3回程度で、まったくない日が何日も続いたりもします。
心電図、心エコー、運動時の心電図(運動負荷心電図)、尿検査の結果では、今のところ特に問題はないとのことです。以前から肥満気味で、現在165cmで70kgです。運動は、週に1、2回ジムで約20分間、少し汗ばむ程度の有酸素運動と筋トレをしています。ダイエットのためにももう少しジムでしっかり運動したいのですが、心臓に負担はかからないでしょうか。

日本心臓財団からの回答

心臓と胸郭の幅の比が50%以上のときに、心臓が大きいといいます。あなた様の場合は、計算上はちょうど、この大きさです。精密検査をして異常がないのですから、心配なしといってよいと思います。また、あなたさまはかなり、体重がオーバーしています。肥った方では、心臓が横向きになるので、実際には大きくなくても、大きく見えることがあるのですが、あなた様の場合にもあてはまるのではないでしょうか。24時間ホルター心電図検査の結果にもよりますが、心配はなさらずに、しっかりダイエットして、運動もして、体重を減らす努力をしましょう。

2005年4月 4日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い