日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など)とは > 心臓に関わる症状(胸痛、動悸、心臓神経症など) 相談と回答 > 顔色が悪く、脈が多い

疾患別解説

顔色が悪く、脈が多い

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3185J

36歳、 女性: 頻脈・低血圧

私は以前から血圧が低く、痩せていて疲れやすい体質でした。神経質な面もあって、5年ほど前から精神安定剤を飲んでいます。ここ数年になって顔色の悪さ(青白い)が目立ってきたので体調の改善を願い、乗馬を始めてみました。食欲や体重増加が若干みられたものの、下馬後には疲労感と顔面蒼白がひどく、直後は食事が摂れないほどです(それほどハードな運動はしていません)。さらに乗馬に行かない日や休日などは体液が滞った感が強く、心拍が上がったりすることが多くなりました。気になったので血圧計を購入したのが最近なのですが、体調のすぐれない状態で計測すると、血圧は上が90を切ったりします。それでいて脈が80以上という状態です。普段も血圧は100以下だったりしますが、脈は60?65位です。ちなみに血液検査の範囲での異常値はひとつもありませんでした。
なかなか上手く表現できなくて申し訳ないのですが、気になる点としては血色の悪さと脈拍の上昇(安静時)です。循環器系の検査が必要でしょうか?

日本心臓財団からの回答

36歳の女性で、顔色が悪く、脈が多いと聞くと、貧血があるのではないかと考えます。大便の色が黒くないでしょうか。また、生理が多いということはないでしょうか。女性では子宮筋腫が心配です。まず医師を受診し、貧血の有無を調べてもらってください。

2005年3月26日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い