日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 不整脈とは > 不整脈 相談と回答 > 発作性心房細動

疾患別解説

発作性心房細動

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.7738

73歳、 男性: 心房細動 不整脈

5年前に心房細動と診断されました。ときどき動悸が打つときがありますが、ないときは何カ月もありません。動悸が止まらないときは10分ぐらいかかります。毎日あるわけではないのですが、24時間心電図をとっても心房細動症状がでません。
主治医からは、75歳までにはワーファリンを服用しなければいけないだろうと言われており、しばらく様子をみるとのことです。でも、ワーファリンは出血しやすいので、のみたくありません。
蓄膿症で鼻の血管がときどき切れて出血してなかなか止まらないのです。ワーファリンの服用をしないで治療できることはないでしょうか。

 

日本心臓財団からの回答

ときどき心房細動になる方の場合には、2, 3日つづく心房細動発作がときおり繰り返しみられるようなときには、血栓防止の薬を服用することが勧められています。動悸は10分くらいつづくが、毎日あるわけではなく、24時間心電図では心房細動はみられていない、といいますが、動悸がないときには心房細動になっていない、ということの確認が必要です。もし、心房細動の頻度、持続が確実に自分でわかり、それほどのものではないことが確かであれば、予防薬は必要ではないでしょう。これについては、担当医に確かめていただいてください。
 

2012年11月 8日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い