日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカとは > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカ 相談と回答 > ペースメーカをすぐ入れるべきか

疾患別解説

ペースメーカをすぐ入れるべきか

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6836

48歳、 女性: 洞不全症候群

車の運転中に一瞬意識が遠のいてふらっとしたことがきっかけで病院を受診しました。24時間ホルター検査で2.8秒と2.9秒の脈を打たないときがありましたが、自覚症状はありませんでした。脈拍は50前後でした。
しかし、運転中に意識が遠のいたのであれば、ペースメーカが必要と医師に言われました。
ペースメーカが必要な病気であることはわかりましたが、それまで人より激しい運動を毎日おこなっていたので心臓に問題があるという自覚がなく、すぐにペースメーカを入れるべきかどうか、わかりません。 
また、ペースメーカを入れた後、硬式テニスを行うことは可能でしょうか。

日本心臓財団からの回答

運転中に一瞬、意識が遠のいたというのは問題です。脈拍が50前後というのは、スポーツマン心臓としては妥当な程度ですし、2.8ないし2.9秒という心停止時間は、定義上は病的に長いとはいえないのですが、しかし、症状は重視しなければならないからです。ただ、血圧の安定性もみておいた方がよいかも知れません。
体位変換時の血圧変動をテストしてみては如何でしょうか。血圧変動が原因であれば、ペースメーカを入れても症状は起こります。
ペースメーカをいれた後、球技は可能です。ただし、球技に影響のない部位にペースメーカ本体を入れていただくように事前に説明しておいてください。

2010年8月31日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い