日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカとは > 徐脈、洞不全症候群、房室ブロック、ペースメーカ 相談と回答 > 健康診断で洞性徐脈といわれた

疾患別解説

健康診断で洞性徐脈といわれた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.2758S

28歳、 男性: 洞性徐脈

会社の健康診断の心電図検査で洞性徐脈と診断されました。現在は自覚症状がありません。しかし、今後病状が悪化するおそれはないのでしょうか?
あれば、改善方や、気をつけることをアドバイス頂けたらと思います。

日本心臓財団からの回答

洞性徐脈とは心臓の拍動が普通よりもゆっくりしている状態をいいます。症状がないということですから、病的なものではないのではないでしょうか。若く活動的な人ではよくみられることです。スポーツマン心臓といって、とくにスポーツをする人では平素は徐脈であることが特徴です。運動をしてみて、脈が十分に増加するようであれば、心配は無用です。

?

2004年7月26日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い