日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > WPW症候群とは > WPW症候群 相談と回答 > 運動中に起こった動悸はWPW症候群の症状か

疾患別解説

運動中に起こった動悸はWPW症候群の症状か

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.3508

12歳、 男性: WPW症候群

長男が小学5年の時、学校の心電図検査でWPW症候群という診断を受け病院に行きましたが、症状が出ていないので管理不要という結果でした。
先日、現在小学6年生の長男が、ミニバスケットボールの試合中、1試合目が終わったあと、「心臓がお腹の方まで響くほどバクバクして何だかおかしい」状態になりました。脈をはかろうとしましたが、慌てているためか、まわりが騒がしいためか、手首の脈がとれません。胸を直接押さえてはかると、症状が出てから15分ほど経過していましたが、1分間130ほどでした。静かに座って休み10分ほどすると、おさまりました。その2時間後に、2試合いつも通り元気に走り回りました。

これはWPWの症状でしょうか。このような症状が起きた時どのように対処したらよいでしょうか。病院に行ったほうがよいでしょうか。

日本心臓財団からの回答

正確な診断のためにはその時の心電図が欲しい所です。
WPWの場合は頻脈の発作が普通の人より多いといわれますが、人によっていろいろです。また頻脈の種類もいくつかあり、WPWと無関係のものもあります。いずれにせよ、異常が起こったら速やかに病院へ行くほうがいいと思います。軽症でもそうしてください。間にあわなかったとしても、起こり具合によって対策を医師と相談してください。

2005年9月13日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い