日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 頻拍(上室頻拍、心室頻拍)、アブレーション治療とは > 頻拍(上室頻拍、心室頻拍)、アブレーション治療 相談と回答 > 発作性上室頻拍へのアブレーション治療の適応

疾患別解説

発作性上室頻拍へのアブレーション治療の適応

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.7018

45、 男性: 発作性上室頻拍

7年前に上室頻拍の発作があり、その後はありませんでしたが、この1ヵ月で2度起きたため、医師よりアブレーション治療をすすめられました。
アブレーションの成功率は90%以上との説明でしたが、失敗した場合、重い障害を持ってしまうということも説明されました。発作の予期不安を考えると受けたほうがいいとも考えますし、もし失敗してかえって重い障害をもったらどうしよう、との思いもあります。どの程度の頻度で頻脈が発生した場合にアブレーションをすべきでしょうか。
日本心臓財団からの回答
発作性上室頻拍の場合のアブレーション治療はかなり高い確率で成功すると思います。失敗したときのことを考えると際限がなくなります。ただし、この1か月で2回あったというだけでは、慌てることはなさそうです。しばらく様子をみていてよいのではないでしょうか。

2011年2月 3日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い