日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 期外収縮とは > 期外収縮 相談と回答 > 妊娠と期外収縮

疾患別解説

妊娠と期外収縮

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.6375

30歳、 女性: 期外収縮

15年ほど前から心室性期外収縮(二段脈)と診断され、循環器科で年1回の経過観察をしていただいています。
最初の頃は回数も数千回程度で問題ないと言われていたので、経過観察のみで私も特に問題視していなかったのですが、ここ最近で急激に回数が増えて心配になってきました。
1年半前に20,000回強/日、半年前には30,000回強/日でした。
つい先日の職場の健康診断では、54回/分の二段脈が見られ、心電図は規則正しいほどに2段脈が並んでいるといわれました。
今回、再度検査を行い45,000回/日となり、治療についての話を医師から伺いました。
自覚症状がないのであれば、今すぐの治療は必要ないが、将来子供を望んだ際に妊娠に伴い急激に回数が増えたり減ったりする可能性があるとのことです。
急激に増えた際、妊娠の継続が難しくなる場合も時々あるので今のうちにカテーテルでの治療も検討してはどうかとの話です。心エコーは正常範囲内でした。

そこでお伺いしたいのですが
1)自覚症状がなくても回数が増えればカテーテル治療をしたほうが良いのでしょうか。2)カテーテル以外には治療法はないのでしょうか。
3)回数が多いとその他の病気を起こす引き金になったりするのでしょうか。
4)治療のリスクと、治療せずに妊娠した際のリスクはどちらが高いのでしょうか。
5)妊娠してしまってからでは手遅れですか。
6)妊娠の際二段脈が起こると妊娠の継続が難しくなるのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

1)期外収縮の場合には、回数が多いというだけでは、治療の対象となることはありません。
2)心室期外収縮は、危険が予測される場合を除いては、カテーテル治療の対象とすることは認められていません。
3)回数が多くても、何も起こりません。
4)治療せずに妊娠しても、何も起こりません。
5)手遅れになることはありません。
6)妊娠の継続に支障はありません。

2009年9月 8日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

ご寄付のお願い