日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 期外収縮とは > 期外収縮 相談と回答 > 二段脈性期外収縮

疾患別解説

二段脈性期外収縮

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.2808S

27歳、 男性: 上室性期外収縮 二段脈

半年ほど前から時々胸がつまる感じがありましたが、一ヶ月前に脈がおかしいことに気付き、循環器科を受診しました。

心電図で検査した結果、上室性期外収縮、二段脈でした。おそらくストレスからくる不整脈で、治療の必要はなしとのことでした。

現在、不摂生を止め、運動を心がけていますが、二段脈は治まりません。いつかは治るものなのでしょうか?
最近、右肋骨の下がチクチク痛むことがあります。狭心症とは違うのでしょうか?

日本心臓財団からの回答

不整脈は他に異常のないいわゆる正常者にもしばしばあり、原因は不明の例が多いが、自律神経の影響が大きく、運動や日常生活、ストレスにも関係するといわれます。次第に消失していく例もありますが、経過はケースによっていろいろです。期外収縮の場合、一般に実害は少ないが、動悸、感じ方は不整脈の出方、タイミングなどによると思います。心電図所見と症状を対比すると明瞭になるでしょう。24時間記録は可能で、頻度、誘因なども検討することもできます。
痛みは不整のみでは少なく、胸壁や神経的要因があるかも知れません。
狭心症は40才以前にはまれで、一般には運動時に起こるものです。他の心電図異常などからも判定できると思いますので、主治医にお尋ね下さい。不整脈も経過をみながら対策を相談してみるといいでしょう。

2004年8月20日

この回答はお客に立ちましたか?

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い