日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 期外収縮とは > 期外収縮 相談と回答 > 心室性期外収縮頻発症と言われた

疾患別解説

心室性期外収縮頻発症と言われた

日本心臓財団に寄せられたご相談

num.1696J

32歳、 女性: 心室性期外収縮

昨年秋頃から脈が飛ぶ自覚症状があり、12月の職場健康診断にて「心室性期外収縮頻発症・要観察」と診断されました。その後の産業医との面談でも、ストレス等で出たのでは?と言われました。
秋頃に一時的に強いストレスを感じる状況があったため、そのせいかとも思いますが、1日に数回は自覚症状が出ます(通勤時の電車の中、就寝前など)。まったく、症状を感じないときもあります。
20代の頃、過呼吸を起こしたことがあるので、あまり気にしすぎないようセルフコントロールしているのですが、日常生活で気をつけたほうが良いことはありますか。
運動時に苦しくなるということは今までないのですが、運動しても大丈夫でしょうか。
また、今後の妊娠・出産等に影響はあるでしょうか。
「頻発症」というのはどのような意味なのでしょうか。

日本心臓財団からの回答

心室期外収縮というのは、健康な人でも70ないし90パーセントの頻度でみられるものです。基礎に心疾患がなければ,心配は無用といわれています。
運動、妊娠、出産も問題はないと思います。
ただ、それには基礎に心疾患がないことを確認する必要があります。慎重な聴診、レントゲン写真、場合によってはエコー検査をしてもらう必要があります。

頻発というのは、数が多いというだけのことです。健康な人でも、1つおきに期外収縮がでることがありますが、この場合は心臓拍動の半分が期外収縮ということになります。それぐらいに出ていても、何でもないというわけです。

2003年2月14日

この回答はお客に立ちましたか?

ご寄付のお願い