日本心臓財団HOME > 心臓病の知識 > 疾患別解説 > 心不全 > 血液検査(BNP、NT-proBNP、ANP、CRPなど)とは

疾患別解説

血液検査(BNP、NT-proBNP、ANP、CRPなど) とは

心不全
2血液検査

心臓に関与する重要なホルモンの中に、ナトリウム利尿ペプチドがあります。主に心房で合成されるANP(心房性ナトリウム利尿ペプチド)、主に心室で合成されるBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)、血管壁の平滑筋細胞に関与するCNP(C型ナトリウム利尿ペプチド)があります。日本では、急性心不全の治療薬としてANPが、心不全の診断と重症度評価に血中BNP濃度が計測されています。BNPの前駆体であるNT-proBNPの測定も行われています。

よくあるご相談と回答

公益財団法人 日本心臓財団への寄附

YouTube 日本心臓財団チャンネルにリンクします

ご寄付のお願い