日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第21回 健康を支える働き方改革「スローマンデー」の勧め―血圧と心拍数が教える健康的な仕事習慣―

メディアワークショップ

第21回 健康を支える働き方改革「スローマンデー」の勧め―血圧と心拍数が教える健康的な仕事習慣―

本日は第21回日本心臓財団メディアワークショップにご出席いただきありがとうございます。日本心臓財団は、1970年に日本循環学会と経団連が共同で、我が国における循環器疾患の予防啓発・克服のために立ち上げた組織であり、過去には経団連の会長も財団の会長を務められたこともあります。この度、心臓財団は、ACジャパンと「弁膜症」に関し、早期発見と治療の啓発を目的としたテレビCMを制作致しました。少し変わった...

……続きを読む

診察室で測定する血圧が正常であっても、それ以外の場での血圧が高いことを「仮面高血圧」といい、持続性高血圧と同様に心血管事故が高頻度に出現することが知られている。この仮面高血圧の重要な部分を占めるのが、職場のストレスが原因で血圧が上昇する「職場高血圧」である。一般的な勤労者では、仕事が始まる月曜日の午前中に心血管事故が多発するということが世界的に認められているが、その理由について検討されたことはな...

……続きを読む

ご寄付のお願い