日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第19回「足元のひえにご注意! 気温感受性高血圧とは?」~気温と血圧、循環器病の関係~

メディアワークショップ

第19回「足元のひえにご注意! 気温感受性高血圧とは?」~気温と血圧、循環器病の関係~

2016年2月16日、日本心臓財団主催のメディアワークショップが開催された。本ワークショップは循環器関連の疾患情報をマスメディアを通じて広く伝えることを趣旨に行われているもので、今回は「足元のひえにご注意! 気温感受性高血圧とは~温度と血圧、循環器病の関係~」をテーマに実施。 会の冒頭、座長の小川聡氏は「高血圧は、従来からいわれる気温との関係に加え、最近では室内での温度変化に伴う...

……続きを読む

従来、循環器疾患の発症に関しては、高血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病が大きなリスクとして関与しているといわれてきた。しかしながら近年、それに加え、気温の変化、季節変動も大きなイベント発症のトリガーであり、特に住環境によっても血圧の上昇が認められている。 苅尾七臣氏は、「気温感受性高血圧」といわれる気温の変化が血圧に与える影響を中心とした研究について、その概要と対策を概説した。...

……続きを読む

ご寄付のお願い