日本心臓財団HOME > メディアワークショップ > 第18回「2015年問題と2025年問題のために」~循環器疾患の予防による健康寿命の延伸~

メディアワークショップ

第18回「2015年問題と2025年問題のために」~循環器疾患の予防による健康寿命の延伸~

2015年3月17日、日本心臓財団によるメディアワークショップが開催された。このワークショップは、マスメディアを通じて一般市民向けの循環器疾患関連に関する啓発活動として行われているもので、本年で18回目を数える。 今回は、「2015年問題と2025年問題のために~循環器疾患の予防による健康寿命の延伸~」と題したテーマで実施された。冒頭に開会挨拶を行った山口徹氏は、「2025年には...

……続きを読む

日本は現在、急速に高齢化が進んでいる。特に2025年は団塊の世代が後期高齢者となり、3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という超高齢化社会を迎える。それに伴い様々な問題が生じるであろうことから「2025年問題」と呼ばれている。この問題に対応するためには、団塊の世代が前期高齢者となる「2015年」から予防を視野に入れた取り組みを行う必要がある。 日本循環器病予防学会理事長でもある山科...

……続きを読む

ご寄付のお願い