日本心臓財団HOME > メールマガジン登録 > メディア・医療関係者向けメールマガジン > メールマガジンアーカイブ > HEART WEB NEWS for Media 第110号

メールマガジン

メールマガジンアーカイブ

日本心臓財団 HEART WEB NEWS for Media 第110号

======================================================================
【日本心臓財団 HEART WEB NEWS for Media 第110号】2014年10月1日発行(月刊)
======================================================================
・現在、医療関係者とメディアには同じ情報をお送りしています。ご了承くだ
さい。

【目次】
 TOPICS :心臓リハビリテーションの効果
 イベント情報
 生活習慣病改善プログラム 無料ダウンロードのお知らせ
 雑誌「心臓」9月号巻頭特集「心不全における利尿薬の最近の話題」
 日本循環器病予防セミナー eラーニング受講のご案内
 特別寄稿「少子・超高齢化社会における循環器病対応」和泉 徹
 ご寄附のお願い

======================================================================
【TOPICS】心臓リハビリテーションの効果
                   (榊原記念病院副院長 伊東春樹)

 近年、心臓手術後に運動療法を行うことが予後を改善し、患者さんの生活の質を高めることがわかってきました。こうした心臓病の運動療法を中心とした生活習慣改善の総合的なプログラムを心臓リハビリテーションと呼んでいます。

 最近の研究では、心筋梗塞になっても心臓リハビリテーションを行えば、6.6年間で死亡数は半減(56%減少)して心筋梗塞にならなかった場合と同じ寿命が得られたという結果も出ています。
 日本でも多くの病院が再発率を減らすための心臓リハビリテーションに力を入れ始めています。
 
 心臓リハビリテーションは長期間続けるほど効果があるのですが、患者さんそれぞれの病状や体力に合わせた専門のプログラムが必要なため、医療従事者や運動指導者の管理が必要です。
 しかし、5ヵ月で保険診療期間が切れてしまうため、病院で継続することが難しくなっています。
 そこで、保健医療の継続申請や「選定療養」として患者負担で行う方法のほか、NPO法人ジャパンハートクラブの運営するメディックスクラブのような、各地の既存施設を利用した「心臓リハビリテーション指導士」が指導する運動療法コースなどの利用も有効です。

 近年、こうした心臓リハビリテーションの運動療法は、心臓病予防としても活用されています。

*詳細は日本心臓財団:今月のトピックス「心臓リハビリテーションの効果」
 をご覧ください。
 http://www.jhf.or.jp/topics/2014/003607/

======================================================================
【イベント情報】

 □■第7回心臓病市民公開講座in福山
   ~高血圧 サイレントキラーからあなたを守るために~

   日 時:2014年10月4日(土)13時30分から16時
   場 所:広島県民文化センターふくやま
   共 催:福山市医師会循環器病研究会、福山市医師会、塩野義製薬
   参加費:無料(先着500名、要事前申込み)
   内 容:
   パネルディスカッション(仮)
   『元気で長生き!血圧管理で防ごう脳卒中!』
     高松 和弘(脳神経センター大田記念病院)
   『高血圧と心臓病』
     竹本 俊二(福山医療センター循環器内科)
   『糖尿病・腎臓病の血圧管理』
     石井 啓太(中国中央病院 腎臓病・糖尿病内科)
   『血圧をいきいきさせる運動療法』
     湯口 聡(心臓病センター榊原病院 リハビリテーション科)
   講演
   『減塩について(仮)』
     日下 美穂(日下医院)
   参加申込み:塩野義製薬株式会社
         電話:084-925-2929 FAX:084-926-2574


 □■第37回日本高血圧学会市民公開講座

  1)正常な血圧って何だろう
   日 時:2014年10月17日(金)17:30~19:00(受付開始 17:00)
   会 場:パシフィコ横浜 会議センター1F メインホール
   主 催:第37回日本高血圧学会総会、
       メタボリックシンドローム撲滅委員会
   定 員:300名(事前申込み)
   講演内容:
   「高血圧治療ガイドライン2014」と生活習慣病
      島本 和明(札幌医科大学)
   「特定保健指導と血圧対策」
      津下 一代(あいち健康の森健康科学総合センター)
   「はらすまダイエット」などの血圧に及ぼす効果
      中川  徹(日立製作所日立健康管理センター)

   *申込み方法等詳細は下記学会HPを参照ください。
    http://www.congre.co.jp/37jsh/contents/lecture.html


  2)ついついすれ違ってしまう医療コミュニケーション
    ~調査でわかる!?医者とみんなのホンネ~
   日 時:2014年10月18日(土)17:30~19:00(開場 17:00)
   会 場:パシフィコ横浜 会議センター1F メインホール
   主 催:横浜市立大学
   出 演:町 亞聖(アナウンサー)、玉ちゃん(浅草キッド・タレント)、
       なべやかん(タレント)、武部 貴則(横浜市立大学 准教授)、
       白崎  修(オムロンヘルスケア 医学博士)、
       宮川 政昭(宮川内科小児科医院 院長)
   *健康測定コーナーあり
   *事前登録不要、参加費無料


  3)血圧を下げて元気で長生き
   日 時:2014年10月19日(日)13:30~15:30(受付開始 12:30)
   会 場:はまぎんホールヴィアマーレ
       (横浜市西区みなとみらい3丁目1-1)
   主 催:横浜市立大学
   定 員:450名(事前申込み)
   講 演:
     高血圧をよく知ろう:島本和明(札幌医科大学)
     高血圧を克服しよう:松岡博昭(宇都宮中央病院)
     グレートジャーニー、伝統社会の病気と治療:
       関野 吉晴(武蔵野美術大学 文化人類学 教授)

   *申込み方法等詳細は下記学会HPを参照ください。
    http://www.congre.co.jp/37jsh/contents/lecture.html


 □■【保健指導レベルアップセミナー
   「データヘルス計画と保健指導」開催のご案内】

 平成27年度から実施が求められているデータヘルス計画の要ともいえる保健指導を、総論的な視点と具体的な保健指導運用の視点から解説し、保健事業としての保健指導のとらえ方と具体的なプランの立て方について、2つのテーマについて説明します。

 1)効果的な保健指導プランの立て方
  <東京会場>
   平成26年12月6日(土)
   シオノギ製薬株式会社 レクチャーホール
   〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル3F

  <大阪会場>
   平成27年1月31日(土)
   大阪府看護協会 ナーシングアート大阪
   大阪府府大阪市城東区鴫野西2-5-25

 2)治療中・重症化予防の保健指導のポイント
   平成27年3月14日(土)13時~17 時(受付12時半より)  
   シオノギ製薬株式会社 レクチャーホール
   〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル3F

 時 間(各回):13時~17 時(受付12時半より)
 参加費(各回)
  ・日本循環器病予防学会会員 ⇒  無料  
  ・非会員  ⇒   3,000 円
   (※会員非会員ともに別途資料代1,000円)
 講 師:岡山 明 先生(生活習慣病予防研究センター代表)
 主 催:日本循環器病予防学会
 詳 細:http://www.jacd.info/hokenshidou-seminar/2014

======================================================================
【生活習慣病改善プログラム 無料ダウンロードのお知らせ】

  生活習慣病改善プログラムは、当財団が2011年10月までインターネット上にて運営し、そのデータを個人情報は含まずに集計し、調査・解析を行い、その最終報告を昨年の雑誌「心臓」4月号に掲載いたしました。
 現在、本プログラムをより使いやすく改修し、医療従事者の方々に無料ダウンロードサービスを行っています(登録必要)。
 なお、このような日本心臓財団の活動は皆様のご寄附で行われております。
ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 ぜひ、生活習慣病の効果的な治療の一助としてお役立てください。

 このたび高血圧治療ガイドライン2014に準じた改訂(Ver.1.4)を行いました。

 詳細は当財団ホームページより(医療従事者専用)
 https://www.jhf.or.jp/lsmp/

======================================================================
【雑誌「心臓」特集のお知らせ】

 「心臓」9月号の特集は、「心不全における利尿薬の最近の話題」(企画:増山理先生)です。
 心不全の治療で最も頻用されているのはループ利尿薬ですが、連用による抵抗性の問題があります。カルペリチドや最近登場したバソプレシンV2受容体拮抗薬を含めた各種利尿薬の作用機序や効果、使用方法について解説しています。
 また、Meet the Historyでは細田瑳一先生に、全人的総合医療の実践について、さまざまなエピソードを交えてお話しいただいています
 次号10月号(10月15日発行)の特集は「内皮機能評価を診療に生かす(診断、病態など)」です。
 http://www.jhf.or.jp/shinzo/

 心臓編集室
 http://www.jhf.or.jp/shinzo/inquire.html

 J-Stage「心臓」バックナンバー
 https://www.jstage.jst.go.jp/browse/shinzo/-char/ja/

☆「心臓」掲載投稿論文が、日本循環器学会認定循環器専門医の研修単位を3単位取得できるようになりました。皆様の投稿をお待ちしております。

☆「心臓」は、日本循環器学会との共同発行です。ご支援いただくための教室賛助会員・病院賛助会員を募集しています。詳細は本誌をご覧ください。
 
 「心臓」の購読・広告に関するお問い合わせ
 http://www.jhf.or.jp/shinzo/pur-ad.html

======================================================================
【日本循環器病予防セミナー eラーニング受講のご案内】

 10月1日正午より、今年の夏に開催された「第27回 日本循環器病予防セミナー」で行われた講義内容を、医療関係者向けに無料配信いたします。

 第一線でご活躍の先生方の講義を通して、予防ガイドラインの根拠となるエビデンスが、どのような研究計画を経て得られるのかが理解できるプログラムとなっております。研究者の方々はもちろん、循環器病予防や動脈硬化予防に関わる医師、保健師、看護師、管理栄養士、健康運動指導士の方々には、日頃の活動の基盤となる講義を、いつでも居ながらにして受講できる絶好の機会です。

 第27回 日本循環器病予防セミナー
 テーマ「歴史から学び、これからの循環器病予防戦略を考える」
 主 催:日本循環器病予防学会(旧:日本循環器管理研究協議会)
 共 催:日本心臓財団、動脈硬化予防(研究・行動)啓発センター

 *eラーニング受講登録ページ
 http://www.doumyaku-c.jp/elearning/JACD/no26-seminar.html


======================================================================
【特別寄稿】
 少子・超高齢化社会における循環器病対応
 
恒仁会 新潟南病院 統括顧問/北里大学 名誉教授
和泉 徹

 昔から駅中のカオスが気になって仕様がない。そんな私の眼には新宿駅と東京駅のカオスにも違いがあると感じている。新宿には若々しさがある。でも少々荒っぽい。東京駅ではそれに比べ円やかである。でもオルドヌングを好むドイツの駅中とは比べものにならない。このカオスが今後どのように様変わりするのであろう。

 ここにきて2025年問題が姦しい。75歳以上が総人口の20%を超し、若年者が10%を割り込む少子・超高齢社会の到来、それが社会保障費を140兆円規模に膨らませる。"だから、医療・介護・生活支援に万策を尽くそう"、との論調である。今年、2014年の診療報酬改定はこの行政誘導オンパレードである。

 地域包括ケアシステムはその最たるものである。超高齢者への住まい・医療・介護・予防・生活への一体的支援を中学校区単位で早急に造り上げていくとの提言である。"だから、医療機関はその役割をハッキリさせろ!"と言ってきた。経緯は兎も角、随分荒っぽい。でも分かる気もする。

 共同体思考が遺っていればうまくいくだろう。しかし、既に超高齢者で埋め尽くされたところは難しい。何しろ体力が無い。住民も地域もフレイルに陥っている。一方、若者に溢れるところでも難しい。共同体は崩壊し、相互扶助は希薄である。

 医療のプロ、循環器専門医は大丈夫か?それが甚だ心許無い。多くの超高齢者は循環器病の塊である。単に心臓病や血管病として切り分けられない。また多疾患有病者は局所病変なぞ関心がない。疾病や加齢で陥ったフレイルに病んでいる。立てない、食べられない、歩けない、トイレや買い物に行けない、ことに病んでいる。果たして、医療のプロは超高齢者のこのニーズに応えているだろうか。

 日本心臓財団や日本循環器学会ももうひとつのシナリオを用意せねばならない。超高齢者の循環器病への適切対応である。今はカオスの中にいる。円やかに立ち向かうときであろう。

======================================================================
【ご寄附のお願い】

 日本心臓財団は皆様の寄附により支えられております。
 http://www.jhf.or.jp/kifu/
 なお、日本財団の提供するシステム(CANPAN)を利用して、当財団で
もインターネットによる寄附(賛助会費含む)ができるようになりました。
 カード決済になりますが、こちらのほうが便利な方はぜひご利用のうえ、ご
寄附をいただけますと幸いです。なおご寄附につきましてその金額は問いませ
ん。
 また当財団への寄附は税制上の優遇措置が受けられます。なにとぞ宜しくお
願いいたします。

======================================================================
 日本心臓財団HEART WEB NEWS
 発行:日本心臓財団
 http://www.jhf.or.jp/

[ご意見・ご感想、配信先変更・配信中止等はこちらのアドレスにご連絡くだ
さい]
 response@jhf.or.jp

メールマガジンアーカイブ
こちらのアーカイブでは過去に配信されたメールマガジンをご覧いただくことができます(登録不要)。見たい年を選択し[表示する]をクリックいただくと表示されます。
一般の方向けアーカイブ

表示

メディア・医療関係者向けアーカイブ

表示

ご寄付のお願い